マウンテンサイクリング in_乗鞍

by 手塚 奈緒美(投稿日:17 Jan 1994)


日程:1993年8月28〜29、30日
参加:手塚、G、橋本、鈴木、萩原、吉岡、花岡
コース:県道乗鞍岳線(距離22km、標高差:1400m)

 毎年恒例となりました乗鞍(といってもまだ2年目)。'93は、2年連続出場のゴキさん・橋本さん・手塚に加え、鈴木さん・萩原さん・吉岡さん・そしてドンさんの代打、花岡さんの計7名が参加。さらに三連勝の祐子ちゃん・池守さん・守田さんが加わり、10名のにぎやかなレースツアーとなりました。


8月28日(土)
 各々、3台の車に分乗し、現地集合。私は三連勝CAR組で、メンバーは、吉岡さんと三連勝の3人。到着したときにはすでに他の2台はついていた。早速、バイクチェック・試走・受付・検車をすませるべくあわただしい時がすぎる。私はうかつにも、ベルとリフレクターを忘れてしまい、¥1300も無駄な出費をしてしまった。裕子ちゃんは、さらにボトルも忘れ、ショックを受けていた。トライアスロンのレースと違って持ち物の少ない自転車レースをナメているようだ。(皆様も忘れ物には気をつけましょう。)
 宿泊:白樺ヒュッテ
〜レース会場の目の前という話だったが、実際は随分下ったところでした。小さいながらも露店風呂もあり、洋二さん・陽子さん、風呂好き夫婦にはオススメ。(今年はお子さんを背負って登るとか?..)


8月29日(日)
 レース当日。やっぱり今年も乗鞍は快晴だった。スタート地点には、全国のチャリンコ好きが結集している。その数三千人余り。よくもこんなにたくさんの人が、標高差1380 m、全長22 kmのハードなコースに挑戦するもんだわなあ〜。感心・感心。
 わがリンリンのメンバーも互いに健闘を誓いながら、それぞれのエイジのスタート地点へ。皆、調子も良さそ...あっ..ゴキさんは昨年の風邪に続き今年は腰痛で、乗鞍とは相性が悪い?鈴木さんは初レースでやや緊張気味...。
 いよいよレースがスタート。昨年は女子はラストウェーブだったが、今年はチャンピオンの後の第二ウェーブスタートの為、抜かれても抜かれてもあとからあとから人が沸き上がってくるようで、精神的に楽で走りやすかった。今年は冷泉で一休みすることも押して登ることもなくゴールできた。(なんと昨年より22分も速かった!)
 速かった人も不本意だった人もとにかく無事完走しにっこり記念撮影。やっぱり乗鞍はいい。

ゴール付近にて

表 '93乗鞍TTの記録
ゼッケン 名前 タイム クラス順位 総合順位
1697 花岡 正明 1 h 21 min 54 s 85 96 541
1286 吉岡 謙二 1 h 28 min 00 s 86 244 871
1698 川浪 義実 1 h 36 min 12 s 35 265 1370
1696 萩原 則夫 1 h 38 min 12 s 35 287 1458
3161 手塚 奈緒美 1 h 45 min 00 s 76 45 1805
3156 鈴木 亜子 1 h 54 min 28 s 38 60 2185
3155 橋本 千津子 2 h 07 min 43 s 55 79 2533
'92乗鞍TTの記録はこちら

 レース後は。おまちかねの温泉タイム。これが私にとっては最大の楽しみでもある。低体温、低血圧の私は、あまりのぼせるということもなくいくらでも入っていられる。湯の花と化してしまいそうになる直前であがってみると、皆はもう帰り支度を始めている。しかし、三連勝メンバーは、ぜいたくにも月曜有休をしっかり取っている。皆を送り出すと、元気なおじ様二人は、レースでは登り足りなかったらしくまた山登りに入ってしまった。(根っからのちゃりんこ好きと見える。)私と裕子ちゃんも来週の佐渡のレースに備え、軽くランニングをする。


8月30日(月)
 オジ様達の朝は早い!朝食前には、もう散歩をしてきている。本当に元気...。
 私とヒロコちゃんは、1時間程ランニングで一ノ瀬牧場やキャンプ場へ行ってみた。この道が大変すばらしい!左手には白樺林がひろがり、その手前を渓流が涼しげな音をたてている。右手の草地には、牛が半紙外になっていて、走る私達には全く興味も示さずのんびりしている。キャンプ場の中には、写真集に載っているようなきれいな沼があり、高原の花が咲き乱れ、ここはスイスか?と見紛う程の感動的な風景であった。「こんな所なら50 kmでも走れそうだね。」と感激しながら、8 km位走った。(私は心の中で「新婚旅行はここへ来よう。」と思った。)
 帰りは、番所大滝という立派な滝をながめてから一路帰途へ。平日なので渋滞もなくスムーズに帰れた。(前日帰った人ゴメンなさい!)
 今回もまた天候に恵まれ、レースに、温泉に、観光までして、1レースで2・3度おいしい乗鞍はやみつきですな。今年ももちろん参加しますのでヨロシク。