ツーリング記録: 走り初め 南房総

日程:2017/1/29(日)
参加:浦野(計画)、那珂、DAZ、宮村、G、篠原、コメイモ、吉岡、マブチ、岡本、岡本息子、石田
コース:=三芳村道の駅→小松林道→千倉林道→畑林道→磯笛公園→南条林道→作名ダム→道の駅= (52km-5.9h)

Map, Click to Popup メモ:
 浦野の二年越しの林道ラン企画。昨年の走り初めで同地域の林道を走った時に見つけられなかったトンネルを発見すべくリベンジ。今回は篠原がガーミンに詳細なコースマップをメモリさせて、目的の林道を外さないようにしてきた。
 参加したのは12人と近年に無い大所帯。しかし曲がり角で誰も立っていなくて、出だし近くではぐれた自分と吉岡夫妻は愕然。携帯電話がある現代の有り難みを感じた。実は詳細なコースを分かっているのはガーミンだけなので、もうはぐれられない。枝や枯葉の落ちる林道はなかなかに楽しめた。房総名物の急坂が何度も出てくるが、狭い道を皆で固まって登るとあっという間。お目当の手掘トンネルはなかなかのものだった。あったかくなって前半は調子良く走れた。
 海岸に出て磯笛公園で、お昼。天気が良いので気持ち良い。吉岡夫妻が降りた海岸側の方が風がなくて暖かい。砂か岩の上に横になると眠ってしまいたくなる。
 後半戦で、幹線から南条線に外れ養鶏場の方へ登る急坂で脚が回らなくなる。数ヶ月も走っていないツケだ。新車の那珂とトライアスロンをやっている吉岡が調子良く登っていく。初めての岡本の息子さんも慣れてきてくっついて行く。登りきったところで、岡本がまたチェーントラブル。元気な那珂が降りていったが、ほとんど登り口まで行くことになったようだ。一度詰めたチェーンがアウターローに入れたら動かなくなったのだと。
 作名ダムでしばし休んでいると、仕事先のサンタクララから電話が来て、ちょっとげんなり。ここから館山市に近づいていく途中で、本体はオプションコース(地下壕見学)に別れる。またねえ。篠原夫妻、石田、宮村と、ゴールの道の駅に向かう。もうちょっとの距離なのだが、ガーミンに入れられているコースは徹底して幹線を外す。余分のアップダウンを拾ってても、付いて行くしかないので、ここで一気に疲れた。
 まあ、天気も良くて、全体として走り初めには最高のコースだった。(G記:2017/2/12)

Photo, CLick to Popup  Photo, CLick to Popup  Photo, CLick to Popup
分岐で休憩、TOEI話 | 千倉林道 | 千倉林道、手掘トンネルに向かう

Photo, CLick to Popup  Photo, CLick to Popup  Photo, CLick to Popup
手掘トンネル | 磯笛公園前 | 南条線の登り


1日目:1/29(日)
コース:=三芳村道の駅→小松林道→千倉林道→畑林道→磯笛公園→南条林道→作名ダム→道の駅=
集合:三芳村道の駅鄙の里、8:30。9:00出発予定
天気:晴れ時々くもり
距離:52.1 km
時間:5 h 55 min
獲得標高:702 m

Photo, CLick to Popup
千倉林道の手掘トンネル前で


関連リンク:
 2015走り初め